園芸用品

安全を考えるなら

安全に伐採するのなら、木を倒す方向には十分に注意しておきましょう。慣れないうちは、倒したい方向にロープで引っ張っておくと良いです。ヘルメットとゴーグルは当然ですし、チェーンソーの刃が当たらないようにプロテクターを装着したり、足場もしっかりチェックしておくと安心です。

詳しく見る

女の人

いまブームになっている

ガーデニングが大阪でもブームになっています。現在はガーデニング市場の売り上げは2兆円を超えています。盛んになってきた背景には、物から心へ、自然の破壊から自然との共生へと人々の意識が変わってきたことがあげられます。

詳しく見る

花

狭い環境で草花を楽しむ術

大阪府は持ち家比率や一戸建て住宅比率が低く、マンション住民が多いという住宅事情があります。狭い環境でプチガーデニングを楽しむためには、それなりの工夫が必要になります。近隣に対する配慮も欠かせませんが、多くの住民は限られた条件の中で創意工夫を凝らし、多彩な花や植物を楽しんでいます。

詳しく見る

エクステリア

プロにお願いをする

技術と知識が必要になる剪定ですが、自分で行なうには難しい部分もあります。美しく整った庭木にするには、プロに行なってもらうことが良いでしょう。健康的な庭木にするためにさまざまな技術を駆使してくれます。

詳しく見る

園芸用品

ベランダで育てる

ベランダでガーデニングを行なう際は、大阪の園芸店で苗を購入しましょう。ベランダでも育てられる植物の他にも、必要な道具を揃えることが可能なため、取り入れやすいのです。

詳しく見る

花

プランターで育てられる

ベランダなど小さいスペースでも家庭菜園をすることは可能です。初心者でも取り入れやすいバジルや唐辛子から始めると良いでしょう。少ないプランターの数でも、栽培することが可能なため、手軽に行なえます。

詳しく見る

植物

確実に除草することが可能

雑草に悩まされる人は多く、草刈りが負担になっている人も多いでしょう。自分でも作業をすることは可能ですが、業者へお願いすることで綺麗にすることが可能です。生え続ける雑草に困っている人は専門の人へお願いしてみましょう。

詳しく見る

園芸用品

ライフサイクルを学ぶ

芝生は手入れの良さに応じて、その景観が決まります。芝生をスムーズに成長させるためには、周囲の雑草を処理することが求められます。病気や防虫対策として、土壌に優しい除草剤を用いることも必要です。気候の変化にも、柔軟に対応することで、美しい芝生を育てることができます。

詳しく見る

エクステリア

暮らしに植物を取り入れる

ボタニカルライフは植物を生活の中に取り入れ、植物のある生活を楽しむものです。初心者の方であれば、空気の浄化作用のある育てやすい観葉植物や、料理にすぐに使うことの出来るハーブを育てるところから始めるのがおすすめです。

詳しく見る

レディ

庭の手入れを依頼する

草刈は代行業者に依頼すると、楽に庭や空き地の管理を行うことができるため、業者を利用した草刈が人気になっています。草刈の代行業者は造園業や便利屋、シルバーの人材センターがあるため、それぞれの特徴を把握して依頼しましょう。

詳しく見る

園芸用品

季節のガーデニング

春は、昼間と夜間の気温差が激しいのが一つの特徴です。このような時期は、植物の保管にも気を配る必要があります。時間帯に応じて置き場所を変えるなどの方法で、気温差をコントロールします。病気や害虫への対策にも、春は最適な時期です。

詳しく見る

木の管理をしてもらう

森

木の伐採を行う場合、規模によっては自治体への届出が必要になるため注意を要します。特に植林地などにおいては、この手の届出について事前に確認しておくことが重要です。杉やヒノキといった大木の伐採は、通常は専門の伐採業者に作業を依頼することになります。こういった業者では、伐採時の届出制度についてもある程度詳細を把握しており、アドバイスが得られるのが一般的です。伐採後は、切り倒した木の活用方法も重要と言えます。製材して商品として販売出来るような木であれば、そのまま市場に出すことも可能です。活用の仕方によって伐採の方法が異なるため、事前に業者と相談しておくことが求められます。最初に細かく切り揃えてしてしまうと、時に活用法が限られてしまうことがあります。

庭の木を伐採する場合、伐採のスタイルは、業者選びが大切です。なぜなら業者によってそのスタイルや料金が違ってくるからです。そのため、事前の情報収集が大切です。ある程度成長してしまった木の場合は、どのような倒し方をするかが一つの問題になります。電線などが近くにあると、伐採の方法も限られてくるのが現実です。業者間でも、実のところ技術には差があります。高所作業車などを使用する業者の場合は、車両のレンタル料などが必要となるため費用も高額になることが多いです。こうしたことから、伐採を依頼する際には幾つかの専門業者に問い合わせてみるのが賢い方法と考えられます。伐採のスタイルや料金について比較検討するのが一つのコツです。伐採業者の中には庭木の剪定を行なう業者もいます。伐採を考える前に剪定で小さくすることも考えてみるといいでしょう。

オススメ記事

園芸用品

安全を考えるなら

安全に伐採するのなら、木を倒す方向には十分に注意しておきましょう。慣れないうちは、倒したい方向にロープで引っ張っておくと良いです。ヘルメットとゴーグルは当然ですし、チェーンソーの刃が当たらないようにプロテクターを装着したり、足場もしっかりチェックしておくと安心です。

女の人

いまブームになっている

ガーデニングが大阪でもブームになっています。現在はガーデニング市場の売り上げは2兆円を超えています。盛んになってきた背景には、物から心へ、自然の破壊から自然との共生へと人々の意識が変わってきたことがあげられます。

花

狭い環境で草花を楽しむ術

大阪府は持ち家比率や一戸建て住宅比率が低く、マンション住民が多いという住宅事情があります。狭い環境でプチガーデニングを楽しむためには、それなりの工夫が必要になります。近隣に対する配慮も欠かせませんが、多くの住民は限られた条件の中で創意工夫を凝らし、多彩な花や植物を楽しんでいます。