安全を考えるなら

園芸用品

山を所有している場合、定期的に木を伐採しておかなければ荒れていく一方です。そのため伐採業者を呼んで手入れをしてもらうというのも良いのですが、ちょっとしたものならば自分で伐採しておくと、費用を節約できるのでおすすめです。ただ、安全に伐採するためにはいくつか知っておいた方が良いことがあります。まず、伐採した木の倒し方です。例えば自分の肩くらいの大きさだというのなら、特に気をつける点はないのですが、問題は背丈を越えるほどの巨木の場合です。人がいない方向に倒すのは当然ですが、だからと言って自分の方へ向かってくるようにしてもいけません。そこで慣れないうちは、ロープを使って倒したい方向に引っ張っておくと、失敗が少ないです。

伐採を安全に行うためにも、事前にさまざまな準備をしておかなければなりません。ヘルメットとゴーグルは必須で、特にチェーンソーを使って伐採をするというのなら、木屑が飛んでくるのはもちろんですが、石や枝を跳ね飛ばす可能性が高いため、保護しておくに越したことはないです。チェーンソーの歯が当たらないように、手足にプロテクターを装着しておくことも検討しておきましょう。できるだけ踏ん張れる状態で伐採をするようにしておきたいので、地べたを見て動きそうな石があるなら、あらかじめ取り除いておくと安心です。そして実際に作業をする場所に立ってみて、ふらつかないかチェックしておき、心配なら慎重に踏み固めてから作業すると良いです。

オススメ記事

園芸用品

安全を考えるなら

安全に伐採するのなら、木を倒す方向には十分に注意しておきましょう。慣れないうちは、倒したい方向にロープで引っ張っておくと良いです。ヘルメットとゴーグルは当然ですし、チェーンソーの刃が当たらないようにプロテクターを装着したり、足場もしっかりチェックしておくと安心です。

女の人

いまブームになっている

ガーデニングが大阪でもブームになっています。現在はガーデニング市場の売り上げは2兆円を超えています。盛んになってきた背景には、物から心へ、自然の破壊から自然との共生へと人々の意識が変わってきたことがあげられます。

花

狭い環境で草花を楽しむ術

大阪府は持ち家比率や一戸建て住宅比率が低く、マンション住民が多いという住宅事情があります。狭い環境でプチガーデニングを楽しむためには、それなりの工夫が必要になります。近隣に対する配慮も欠かせませんが、多くの住民は限られた条件の中で創意工夫を凝らし、多彩な花や植物を楽しんでいます。