狭い環境で草花を楽しむ術

花

特有の住宅事情

庭で花や植物を育てながら疑似的な自然空間を楽しむことは、住宅にある程度の敷地を必要とするように思われがちです。確かに本格的な植木や池などは広い庭がないと設置するのは難しいですが、工夫次第では狭い庭やマンションのベランダでも草花を楽しむことが可能です。大阪府は持ち家比率が全国の都道府県でも3番目に低く、一戸建て住宅比率も2番目に低くなっています。人口密度が高いために住宅事情は決して良いとは言えません。庭を持ったり花や植物を育てたりするには不利な条件ですが、そのような環境においても大阪の人たちはガーデニングを楽しんでいます。マンションのベランダでプチガーデニングを楽しむ場合は、隣の部屋や下の階の迷惑にならないよう注意する必要があります。植物を育てる上では水やりも欠かせませんから、防水対策も万全にしなければなりません。そうした注意点を守った上でなら、さまざまな創意工夫の可能性が広がります。

工夫次第で草花も楽しめる

ベランダのような狭い空間をうまく使って植物を育てる方法としては、植木鉢を上から吊るす形が挙げられます。吊るした板の上にいろいろな植物を植えた鉢を並べる方法も、場所を効果的に使うためには是非真似したいところです。ベランダのあちこちに小さな鉢を配置し、芝生を敷き詰めたり軽量ブロックを置いたりして庭のような空間を演出するのもいいでしょう。こうした例が示すように、庭土がなくても植木鉢やプランターなど使うことでさまざまな草花を育てることは十分可能なのです。大阪府のような住宅事情でも手軽に庭の気分が味わえる方法として、プチガーデニングの人気が近年高まってきています。狭いながらも庭がある一戸建て住宅のケースなら、さらに可能性が大きく広がります。大きなビルが近くにある住宅では、日当たりの良くないケースがあるかもしれません。しかし、日陰で育つ植物が数多くあります。限られた環境を有効に活用して、お洒落な庭を演出するためには、大阪府内に数多くある造園業者や園芸店をうまく利用するのがコツです。プチガーデニングのノウハウを数多く持っているプロの業者の協力が得られれば、よりいっそう素敵な庭を作ることができるのです。

オススメ記事

園芸用品

安全を考えるなら

安全に伐採するのなら、木を倒す方向には十分に注意しておきましょう。慣れないうちは、倒したい方向にロープで引っ張っておくと良いです。ヘルメットとゴーグルは当然ですし、チェーンソーの刃が当たらないようにプロテクターを装着したり、足場もしっかりチェックしておくと安心です。

女の人

いまブームになっている

ガーデニングが大阪でもブームになっています。現在はガーデニング市場の売り上げは2兆円を超えています。盛んになってきた背景には、物から心へ、自然の破壊から自然との共生へと人々の意識が変わってきたことがあげられます。

花

狭い環境で草花を楽しむ術

大阪府は持ち家比率や一戸建て住宅比率が低く、マンション住民が多いという住宅事情があります。狭い環境でプチガーデニングを楽しむためには、それなりの工夫が必要になります。近隣に対する配慮も欠かせませんが、多くの住民は限られた条件の中で創意工夫を凝らし、多彩な花や植物を楽しんでいます。