いまブームになっている

女の人

ビッグマーケットの市場

いまガーデニングがブームになっています。カルチャースクールのガーデニング講座が人気を集めて、ホームセンターのガーデニングコーナーは、いつでも大勢の人でにぎわっています。大阪でもガーデニングコーナーは大忙しです。雑誌の特集でもガーデニングは人気で、専門誌も何種類か発行されています。窓辺や玄関先をハンキングバスケットやコンテナで美しく飾った庭を、最近はよく見かけるようになりました。大阪でもきれいに手入れされた庭が多く見受けられるようになりました。日本の消費市場の中で、ガーデニング関連の市場は元気がいっぱいで、花や苗といった直接的な資材だけではなく肥料などの関連資材を含めて2兆円に上る、ビッグマーケットになってきました。

自然との共生

日本でガーデニングという言葉が盛んに使われ始めたのは1990年代からといわれています。園芸雑誌でイギリスの美しい庭が紹介されるとそんな庭を自分の家でも作ってみたいと人が大勢あらわれてきてたちまちイングリッシュガーデンのブームになりました。大阪でもイングリシュガーデンの庭が多く存在しています。ちょうど時を同じくして、我々の周りでは大気汚染や、オゾン層の破壊、森林の砂漠化など地球の環境が急速に悪化の道をたどっていき、地球の緑が失われていきました。物の豊かさから心の豊かさへ、自然の破壊から自然との共生へ人の意識が変わってきたこともガーデニングブームの背景にはあります。大阪にもガーデニングを行っている人がたくさんいます。自分でガーデニングをする時間が取れないという方は、業者に依頼するといいでしょう。プロの技術により、短時間で理想的な庭を作り出すことができます。

オススメ記事

園芸用品

安全を考えるなら

安全に伐採するのなら、木を倒す方向には十分に注意しておきましょう。慣れないうちは、倒したい方向にロープで引っ張っておくと良いです。ヘルメットとゴーグルは当然ですし、チェーンソーの刃が当たらないようにプロテクターを装着したり、足場もしっかりチェックしておくと安心です。

女の人

いまブームになっている

ガーデニングが大阪でもブームになっています。現在はガーデニング市場の売り上げは2兆円を超えています。盛んになってきた背景には、物から心へ、自然の破壊から自然との共生へと人々の意識が変わってきたことがあげられます。

花

狭い環境で草花を楽しむ術

大阪府は持ち家比率や一戸建て住宅比率が低く、マンション住民が多いという住宅事情があります。狭い環境でプチガーデニングを楽しむためには、それなりの工夫が必要になります。近隣に対する配慮も欠かせませんが、多くの住民は限られた条件の中で創意工夫を凝らし、多彩な花や植物を楽しんでいます。