季節のガーデニング

園芸用品

温度差をコントロール

春は、昼間と夜間の温度差が大きいシーズンです。このようなシーズンには、植物の管理方法にも工夫が求められてきます。急激な温度変化は、植物にとっても大きなストレスとなりますので、極力、気温差のない場所に保管をするのがベストです。予め鉢に植えておいた植物なら、時間帯に応じて臨機応変に移動をさせることが出来ます。日中、温かい日でも、夜間や明け方は急激に気温が下がる場合があるのが春先です。朝方に霜が降りることもありますので、軒先などに植物を放置しておくのは避けたい所と言えます。葉に霜が降りると萎れてしまう植物も多いため、こまめに入れ替えを行ないます。暖房なども出来るだけ控えめにしておくと、昼間、外に出した時にもストレスが少なく抑えられます。次第に温度や湿気が上がってくるのが、春の特徴です。より気温や湿度が上昇する今後の時期に備えるために、春のうちに病気や害虫を防ぐための対策を講じておきます。薬を使用するにも適した時期となるため、より長持ちをさせたい場合はタイミングを逃さないケアが必要です。保管の仕方によって、植物の寿命は少なからず変わってきます。身近な植物の場合にも、適宜プロのアドバイスを受けるなどの方法で、適した保管を行ないます。保管をするに当たっては、水やりの頻度も意外に重要です。植物の種類によって必要となる水分の量に差が出ることから、添付の説明書きなどを参考に適量を与えるように心がけます。

オススメ記事

園芸用品

安全を考えるなら

安全に伐採するのなら、木を倒す方向には十分に注意しておきましょう。慣れないうちは、倒したい方向にロープで引っ張っておくと良いです。ヘルメットとゴーグルは当然ですし、チェーンソーの刃が当たらないようにプロテクターを装着したり、足場もしっかりチェックしておくと安心です。

女の人

いまブームになっている

ガーデニングが大阪でもブームになっています。現在はガーデニング市場の売り上げは2兆円を超えています。盛んになってきた背景には、物から心へ、自然の破壊から自然との共生へと人々の意識が変わってきたことがあげられます。

花

狭い環境で草花を楽しむ術

大阪府は持ち家比率や一戸建て住宅比率が低く、マンション住民が多いという住宅事情があります。狭い環境でプチガーデニングを楽しむためには、それなりの工夫が必要になります。近隣に対する配慮も欠かせませんが、多くの住民は限られた条件の中で創意工夫を凝らし、多彩な花や植物を楽しんでいます。