暮らしに植物を取り入れる

エクステリア

初めてでも大丈夫

ボタニカルやボタニカルライフという言葉をよく耳にするようになりました。ボタニカルライフは誰でも簡単に気軽に始めることが出来るんです。ボタニカルとは直訳すると「植物の、植物的な」という言葉になります。つまり、ボタニカルライフとは簡単にいうと「植物のある暮らし」ということになります。癒し効果やインテリアの一部として観葉植物を部屋に飾ったり、ベランダで小さな野菜を育てたりすることもボタニカルライフの一部といえます。暮らしの中に植物を取り入れることがボタニカルライフの第1歩なのでそれほど難しいことではありません。植物にも様々な種類のものがありますが、初めての方であれば、育てやすくあまりスペースを取らない観葉植物がおすすめです。オリヅルランという観葉植物は丈夫で育てやすいので初心者におすすめの植物です。空気を浄化してくれる作用もあります。同じく、空気の浄化作用が強い観葉植物にサンスベリアがあります。この植物は100円ショップで販売されていることもあるので、とても手に入れやすい観葉植物です。育てやすく、管理も簡単なのでこちらも初心者に向いています。料理が好きな方であれば、ハーブを育てるのもおすすめです。ローズマリーやミント、バジルは面倒な手入れが必要なく、すくすくと育つので初心者の方でも安心です。すぐに大きくなるので料理にもすぐに使うことが出来ます。ボタニカルライフは植物のある生活を楽しむものですので、あまり神経質にならず、植物の成長を楽しむことが大切です。

オススメ記事

園芸用品

安全を考えるなら

安全に伐採するのなら、木を倒す方向には十分に注意しておきましょう。慣れないうちは、倒したい方向にロープで引っ張っておくと良いです。ヘルメットとゴーグルは当然ですし、チェーンソーの刃が当たらないようにプロテクターを装着したり、足場もしっかりチェックしておくと安心です。

女の人

いまブームになっている

ガーデニングが大阪でもブームになっています。現在はガーデニング市場の売り上げは2兆円を超えています。盛んになってきた背景には、物から心へ、自然の破壊から自然との共生へと人々の意識が変わってきたことがあげられます。

花

狭い環境で草花を楽しむ術

大阪府は持ち家比率や一戸建て住宅比率が低く、マンション住民が多いという住宅事情があります。狭い環境でプチガーデニングを楽しむためには、それなりの工夫が必要になります。近隣に対する配慮も欠かせませんが、多くの住民は限られた条件の中で創意工夫を凝らし、多彩な花や植物を楽しんでいます。