プロにお願いをする

エクステリア

庭木の手入れで重要なことは剪定です。不要な枝を切り落とし、葉が伸び過ぎないように定期的にお手入れをすることを剪定と言います。剪定には専用の道具の他に、専門知識も必要になるのです。作業をする場合は断ち切りバサミなどの道具を使用しますが、大きい庭木の場合は作業が難しくなっていきます。女性だと体力もあまり持っていないので、長時間の作業は困難になり、高齢者だと体に負担がかかりやすいのです。専門的な知識が必要な上に、繊細な作業にもなるため、慣れない人にとっては時間と手間がかかってしまいます。美しく、形が整った庭木にするには技術も必要です。美しい形に整えることで、庭木を健康的に育てられ、虫の被害を抑えることも可能になります。しっかりと形を整えるには、自分で剪定を行なうことも良いですが、専門のプロに行なってもらうと良いでしょう。プロが行なう方法としては、剪定と刈り込みをします。枝や幹を切って小さくするために剪定をして、葉や不要な枝を切り落としていくのを刈り込みと言い、業者はどちらも行なってくれるのです。剪定や刈り込みには必要な道具もありますが、自分で行なう場合には全て揃えなければなりません。ですが、業者に依頼すると全て用意してくれるため、費用がかかることもないのです。健康的な庭木にするためには、切り落とす位置や全体のバランスなどを考える必要がありますが、慣れない人にとっては難しい作業になるでしょう。専門の業者にお願いすることで整った美しい庭木にすることが可能になります。

オススメ記事

園芸用品

安全を考えるなら

安全に伐採するのなら、木を倒す方向には十分に注意しておきましょう。慣れないうちは、倒したい方向にロープで引っ張っておくと良いです。ヘルメットとゴーグルは当然ですし、チェーンソーの刃が当たらないようにプロテクターを装着したり、足場もしっかりチェックしておくと安心です。

女の人

いまブームになっている

ガーデニングが大阪でもブームになっています。現在はガーデニング市場の売り上げは2兆円を超えています。盛んになってきた背景には、物から心へ、自然の破壊から自然との共生へと人々の意識が変わってきたことがあげられます。

花

狭い環境で草花を楽しむ術

大阪府は持ち家比率や一戸建て住宅比率が低く、マンション住民が多いという住宅事情があります。狭い環境でプチガーデニングを楽しむためには、それなりの工夫が必要になります。近隣に対する配慮も欠かせませんが、多くの住民は限られた条件の中で創意工夫を凝らし、多彩な花や植物を楽しんでいます。