ライフサイクルを学ぶ

園芸用品

環境に合わせた管理法

芝生は、ゴルフ場や運動場など多くのエリアで重宝されています。芝生の正しい生育環境や特徴を知ることで、寿命を引き延ばすことができるのです。また、芝生は春の訪れを感じる時期になると、芽出しを始めます。芽出しを確認した後、生育を促進する目土を敷き詰めます。これにより、均一に芝生が成長できるようになります。新学期の季節にもなると、一気に緑化が進みます。雑草が芽を出す時期でもあるため、こまめに抜くことを心掛けます。除草剤を用いる際は、雑草の発芽を抑制するタイプを用いると、より効果が期待できます。雑草は、生育スピードが速いという特徴があるため、迅速な処理が求められます。夏場になると、芝生はぐんぐん成長します。この時期から、本格的な芝刈りがスタートします。芝生の伸びが大きな箇所を基準として刈り入れを行うことが求められ、成長のムラを無くすことができます。夏場には気温の上昇が伴い、上に伸びるだけでなく横にも成長します。そのため、横方向の借り入れを重点的に行うことで、密な芝生を管理することができます。この時期は、少雨な気候のため、水やりを欠かさないことが求められます。水やりは少量を分けて行うのではなく、一度に多量の水を与えることが重要です。一度に水をたっぷりやることで、水が地中深く浸透し、強い根が張るようになるのです。晩秋になると、刈り止めという工程を行います。少し長めにしておくことがコツで、冬場の傷みを軽減することができます。冬場は芝生が休眠する時期ですが、霜が降りたときに、芝生を踏まないようにする配慮が必要です。

オススメ記事

園芸用品

安全を考えるなら

安全に伐採するのなら、木を倒す方向には十分に注意しておきましょう。慣れないうちは、倒したい方向にロープで引っ張っておくと良いです。ヘルメットとゴーグルは当然ですし、チェーンソーの刃が当たらないようにプロテクターを装着したり、足場もしっかりチェックしておくと安心です。

女の人

いまブームになっている

ガーデニングが大阪でもブームになっています。現在はガーデニング市場の売り上げは2兆円を超えています。盛んになってきた背景には、物から心へ、自然の破壊から自然との共生へと人々の意識が変わってきたことがあげられます。

花

狭い環境で草花を楽しむ術

大阪府は持ち家比率や一戸建て住宅比率が低く、マンション住民が多いという住宅事情があります。狭い環境でプチガーデニングを楽しむためには、それなりの工夫が必要になります。近隣に対する配慮も欠かせませんが、多くの住民は限られた条件の中で創意工夫を凝らし、多彩な花や植物を楽しんでいます。